カードローンには様々な便利な使い道があることを知って借りる

メニュー

サブメニュー

使い道を聞かれたら

カードローンは一部用途を除いて使い道は自由です。生活費の補填にもレジャー費用にも冠婚葬祭費用にも使えます。契約後は繰返し自由に借入れが行えるので、2回目以降は使い道を申告する必要すらありません。

 

ただし、初回申込み時には必ず利用目的を聞かれます。例えば旅行費用で借りたいとして、そのような理由で申告しても貸してくれるのかと不安になるかもしれません。

 

レジャー目的での借入れは、カードローン会社の心証も悪くはありません。頻繁に借りてくれて、かつきちんと返してくれるのが優良顧客なので、好きなもののために積極的に借りてくれる人はむしろ貸してあげたい顧客となります。

 

生活費の補填というと、今生活費が足りない人が今後返済をしてくれるのかという懸念が残ります。そのため、むしろレジャー関連で伝えた方が、心証が良い位なのです。ただし、生活費の補填として申告しても、審査結果に問題がなければきちんとお金は借りられます。

 

使い道としてよくないとされているのが、公式に禁止されているのにも関わらず事業性資金として挙げるケースがあります。事業性資金であればそれを許可しているカードローンや、事業者専用カードローンをあたってみましょう。

 

事業主の方が個人利用で借りる分には問題はありませんが、事業性資金としての借入れは消費者金融でも銀行でも基本的に禁止となっています。事業主に人気のあるオリックス銀行カードローンの契約であっても、資金使途はあくまで個人利用の生計費の範囲内に留まるのです。